■めしのポリシー

めしのポリシーとは、日本一周の訪問先で何を食うのかと言う事。安く抑えたい、面倒くさいとの理由から、マクドナルドや吉野家ではもったいない。せっかく旅をしているのだから、そのご当地のおいしいものを食べるべきだ。

●めりはりを付ける

観光地のうまいものは結構高い。毎回そんなものは食えない。でも食ってみたいものは必ずある。3日に一度ぐらいは2,000円ぐらいの昼飯を食べようと思う。

反対に、朝や夜はキャンプ生活が主体なので、ご当地スーパーの食材で自炊し、安く・美味しく食べる事にチャレンジしようと思う。

●高くてもご当地でしか味わえない本物を

例)佐渡の小さな漁港の寿司屋

昨年のツーリングであるが、佐渡の小さな漁港に寿司屋があったのではいってみた。店の裏には漁船が止まっている。間違いなくうまいはずだ。

メニューを見ると、「うどん=800円、お刺身定食=1,600円、その他」とあった。1,600円に一瞬躊躇するもお刺身定食を選択。以下のボリュームがあり最高にうまかった。

佐渡 お刺身定食

 

 

●全国のうまいもの

以下の様な有名なものは、本当にうまいのだろうか? 各都道府県に入る前にちゃんと下調べを行い、チャレンジしてみたいと思う。

・北海道(海鮮丼、じゃがいも)
・青森(大間のマグロ)
・宮城(牛タン)
・富山(蛍イカ)
・福井(鯖)
・静岡(お茶、富士宮やきそば、うなぎ)
・大阪(たこ焼き、はも)
・広島(お好み焼き)
・福岡(ふぐ、とんこつラーメン)

 

●安く食う

長い旅行であり、毎回1,000円以上の外食は事実上困難である。めりはりの対極は安く食う事だ。

安く食うと言っても牛丼やコンビニ弁当ではあじけない(せっかくの旅行の意味がない)。キャンプ主体なので、現地スーパーでご当地物を買い、自炊する事にしよう。どれだけ安く、旨い物を、楽しんで食えるかにチャレンジしよう。

例)清里高原のスーパーで買った、えのき(150円)+バター+醤油

えのきバター

 

Update 2016/03/23  Plan 2014/04/23

 

 

次の計画


絶景・感動の記録
せっかく日本一周するのだから、絶景やハプニングは記録して後でも楽しめるようにしたい。以下のものを準備して記録し、自分のブログなどに残しましょう。旅が終わっても必ずいい思い出として残ります。

トリパゴ
    sns_space
    sns_space
    このエントリーをはてなブックマークに追加sns_space
      english

このページの先頭へ