■装備・持物(キャンプ用品)

ミニバンなどの車であれば何も考えずに、使いそうな物を何でも積めるだろう。しかしながら、バイクでは積める量は限られる。一人用のコンパクトな物をチョイスする必要があります。

、以下は、出発前に準備した物ですが、実際に【使ったかどうか?】とその理由を帰宅後に追記しています。旅行スタイル・個人の性質により意見が異なる事もあると考えますが、実体験なんで参考になると考えます。


●一人用テント

たたむと結構小さくなる一人テント。キャンプ・野宿に虫から身を守るために必須だ。だいぶ前(10年?)に確か5~6千円で買った記憶がある。

一人用テント

【使ったかどうか?】 ○ 良く使った。

野宿・キャンプにおいてはマストなものだ。天気が良いからってテントを張らずに寝袋だけで、口をあけて寝ていると何にやられるか解らない。

山間部は、大きなクモ・空を飛ぶゴキブリ・ムカデ・へび・蛾・他昆虫の宝庫だ。テントの狙いは雨・風ではなく、対、小さな生物だと再認識した。

テントについたムカデ


●寝袋(シュラフ)

上のテントと同時期に買ったもの。これも5~6千円だったと思う。真夏でも標高の高いキャンプ場であれば朝の気温は11℃になるので必須だ。

シュラフ

【使ったかどうか?】 ◎ 大変良く使った。

場所によっては夏でも朝は寒いし、キャンプ場、ライダーハウスで大変よく使った。

又、夏のネットカフェはだいぶ寒い。(パソコン・TVの放熱。男の自家発電。=冷房びんびん。=ひざ掛け・毛布はあるもののそれでは寒い)ネットカフェでも良く使った。

ここもだいぶ寒い。毛布もあったが寝袋で寝る。


 

 


●一人用コンロ(ロゴス 焚火台 バーベキューコンロ ピラミッドグリル・コンパクト)

キャンプをしたら、炭火で何かを焼いてみたいものだ。ファミリー用のそれは沢山売っているが、一人用のものは少ない

小さいながら、食後の焚き火も可能だ。又、炭はかさばるので現地近くで買おう。それもホームセンターで良く売っている3kgの炭ではなかなか使い切らず荷物になる。100円ショップで1kgのものを探して買うのがベストだ。

ロゴス 焚火台 バーベキューコンロ ピラミッドグリル・コンパクト[1~2人用] 81063112

【使ったかどうか?】 ○ 良く使った。

キャンプは炭と焚火だ。炭火で焼くステーキは旨かった。

炭火で焼くステーキは旨かった


●バーナー(イワタニカセットガス ジュニアバーナー)とベニヤ板

炭のコンロとは異なり、ちょこっとお湯を沸かしてコーヒーやカップラーメンを食うのに便利だ。ポイントはカセットボンベ式である事。カセットボンベは全国のコンビニで買える。

又、キャンプ場、砂浜で使い場合は不安定なのでい小さいベニヤを持っていった。

【使ったかどうか?】 ◎ 大変良く使った。

コンパクトで便利だ。キャンプは勿論、ライダーハウスでも使った。ちょっとお湯を沸かしてカップラーメンを食ったり、コーヒーを飲んだり。

イワタニ(Iwatani) カセットガス ジュニアバーナー


●バーナ-・トーチ

ライター・新聞紙で炭に火をつけるのは大変だ。火おこしの必須アイテム。

バーナー

【使ったかどうか?】 ○ 良く使った。

これが無いと炭に火がつかない。必須。キャンプは炭と炎だ。

バーナーで炭に火をつける


●灯り(LEDランタン)

キャンプ場でなくとも夜走行を含めて明かりは命だ。従ってハンドライト的なものは常備しつつも、キャンプ用にランタン的なものも必要だ。

【使ったかどうか?】  よく使った

夜のキャンプ場で飯を食うのに必須です。又、テントで真っ暗で寝るのは怖い。外せる4個の内、1~2個ぐらいをテントの内側に掛けて付けっ放しで寝た。

LEDランタン


●テーブル(キャプテンスタッグ・アルミロールテーブル)

キャンプ場では平らなスペースが必ず必要となる。前回のキャンプでは、同サイズ(50cm×50cm)のベニヤ板で充分だった。少し迷ったが、この方が気分が出るだろう。折りたためば小さくなるので持って行こう。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アルミロールテーブル

【使ったかどうか?】 ○ 良く使った。

物理的にはベニヤ板で事は足りますが、雰囲気がでるし、ちょっと高いのが便利だった。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アルミロールテーブル


●なべ・フライパン

お湯を沸かしてコーヒーを飲んだりラーメンも煮れる。又、炭火で焼いた物のとり皿になる。炒め物も可能だ。それぞれで買うとかさばるが、こういうセットものは鍋一個分でコンパクトだ。

なべ・フライパン

【使ったかどうか?】 ○ 良く使った。

皿としても使える。でも4つ入らない。なべ・フライパンの2つがあれば良い。ハンバーグの蒸し焼きもできた。

ハンバーグを蒸し焼きにする


●包丁・まな板

レッツクッキングだ。キャンプ場での調理は楽しい。何を作ろうか? ケースっぽいですが、その裏側がまな板になっています。

包丁セット

【使ったかどうか?】 ×× 1回も使わず

他にナイフを持っていたし、そんな面倒くさい調理なんてしない。かさばるし、途中で実家に送り返した。


●卵ケース

晩飯のなべ系に溶き卵をかけてもいいし、やはり朝は卵だろう!卵かけご飯や前日にゆでたたまごは絶対にうまいと思う。コンビニやスーパーでの生卵は最低でも4~6個売りだ。従ってこれが必要。

たまごケース

【使ったかどうか?】 ×× 1回も使わず

夏だし卵なんて持ち歩けない。朝食にたまご?そんな面倒くさい事はしない。かさばるし、途中で実家に送り返した。


●ソフトクーラーボックス

普通(ハードタイプ)のクーラーボックスは、バイクでは無理。使わないときはコンパクトなソフトクーラーボックスが便利。スーパーで何を買おうか?

ソフトクーラーボックス

【使ったかどうか?】 × 使わず

基本はキャンプ場の近くで食べきれる量だけ買う。(保存はしない)かさばるし、途中で実家に送り返した。


●サイドスタンドパッド

キャンプ場は基本、芝だ。バイクのサイドスタンドは細いので、芝に食い込み倒れてしまう。それを防止するのがこのパッド。

サイドスタンドパッド

  【使ったかどうか?】 ○ よく使った

ベニヤでは割れるし、金属では重い。こういう専用の物が良い。砂浜でも使えた。

サイドスタンドパッド


●防虫剤・蚊取り線香

キャンプ場では必要なんでしょうね。持って行きます。

蚊取り線香

【使ったかどうか?】 ◎蚊取り線香は良く使った。(防虫剤は使わず。)

キャンプ場では風が吹いているのでバーベQ時の蚊取り線香は無意味。ただし寝る前にテントの中をいぶすのに必要。テントに蚊がいると練れない。従って蚊取り線香の容器は要らず、ポキポキを折った短い状態で少量あればOK。

 

Update 2014/07/23  Plan 2014/04/23

 

 

次の準備


装備・持物(衣類・生活用品)
日本一周=長旅=アドベンチャー。家にあるのに必要に迫られて旅先で買うのはもったいない。何が必要なんだろうか?

トリパゴ
    sns_space
    sns_space
    このエントリーをはてなブックマークに追加sns_space
      english

このページの先頭へ