■アウトドア用品はネットで買おう!

アウトドアグッズはどこで買ってますか?キャンプに行く直前の炭や着火材、ちょっとした物はいいと思いますが、テントやコンロ、クーラーBOXなどはホームセンターで買ってはいけません。見るだけにしましょう。そして価格を見てネットショップで検索してみましょう。驚くほど安いです。

●実店頭とネットショップの価格差

商品にもよりますが、その実店舗の特売品でない限り、ネットショップのほうが安いです。

自分も現物を見ながらテント、寝袋、コンロ、テーブル、イスなどをホームセンターなどで買った晩に、ネットショップで売られている同一の物の価格を調べた事がありますが、全然ネットショップのほうが安すかった。ある意味、ショックでした。アウトドア用品の物の安さは以下だと考えます。

 

 

 

 

 

22

11スポンサードリンク

11スポンサードリンク

22

 

 

 

 

 

●なぜネットショップの方が安いのか?

・ネットは価格が命

amazon 一言でいえば、”市場原理によって”です。価格比較サイトやグーグルなど検索エンジンの充実により、インターネット上では、商品名や型番を入れる事により、どこでいくらで売っているかが一発で情報入手できます。

 従って、インターネット上では価格の安さが命となっています。実店舗より高かったり、競合ネットショップより高いと物は売れません。自然と最安値に近い価格帯で販売されています。

 

・ネットはコストが安い

実店舗には、店舗代(テナントト両、設備維持費、電気代)、人件費、広告費が発生する。新宿の一等地にあるとある家電量販店。一坪何十万なのか?店員は何十人いるんだろうか?それらの費用をどこに載せてPayしようとしているのだろうか?利益は出ているのだろうか?

 ネット店舗には、テナント料・人件費は微々たるものである。広告費は初期にある程度かかるが、提供価格が安いい事により、自然と人は集まりそれ程かからない。それらの費用がかからない事で販売価格を安く抑える事が出来る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Update 2015/01/01  Create 2014/07/20

 

 

関連記事


■アウトドア
アウトドア

■アウトドア
アウトドア

    このエントリーをはてなブックマークに追加
     

このページの先頭へ